クレジットカード現金化のリスクと対策

クレジットカードの現金化をするときのリスクと対策まとめ

クレジットカードの現金化は、急に現金が必要になったときに便利ですが、リスクが伴うということだけは覚えておきましょう。
クレジットカードはもともと現金化をするためにあるわけではないので、利用規約に反してしまった場合は罰則となります。
そこで、現金化がカード会社にバレてしまったときのリスクと、バレないようにする対策について見ていきましょう。

▼ 目次

クレジットカードの利用規約

クレジットカードを作るときはカードの利用規約を守らなくてはなりません。
利用規約には禁止事項として換金目的による使用と明記されているので、現金化をすることは利用規約違反となります。
クレジットカードを使った現金化は、もともと現金を手に入れるためにカードで決済をするため、利用規約違反となるのですが、数年前に買った物を売買することに関しては違反にはなりません。
しかし、クレジットカードの現金化はブランド物や新幹線の回数券を購入することが多く、短期間で売買をして換金率を高めることが出来るためリスクを伴うことが多いとされています。

クレジットカードの現金化がバレると使用停止に!?

ですが、クレジットカードを持っている人の多くは現金化で現金を手に入れる人が多く、生活に必要な手段として活用している人もたくさんいます。
カード会社にバレなければいいと考え上手く現金化している人もいるのですが、カード会社に現金化をしていることがバレるとクレジットカードが使用停止になる可能性もあるので注意しましょう。
現金化ではブランド物や金券、新幹線の回数券などで現金化をする人もいるのですが、リスクを抑えカード会社にバレないように売買したい場合はこういった物を現金化するのではなく、比較的バレにくいもので現金化をしたほうがいいのではないかと考えられます。

クレジットカードの現金化は自己破産できない!

クレジットカードの現金化をするときのリスクとしては、自己破産が出来ないということを覚えておきましょう。
中には、現金が欲しいからといって返済できない額の物を買い、返済できなくなったら自己破産をすればいいと簡単に考えている人もいます。
しかし、クレジットカードの現金化は借金をすることと同じなのですが、自己破産をするうえではギャンブルや浪費によるもので借金が増えてしまったと思われてしまうため、自己破産をすることが出来なくなるので注意しましょう。

クレジットカードの現金化がバレるとどうなる?

クレジットカードの現金化がカード会社にバレると、カードの使用停止になる、自己破産が出来なくなるだけでなく新しいクレジットカードも作れなくなってしまいます。
クレジットカードは信頼があってこそ利用できるもので一度信頼を失い、規約違反になってしまうと今まで使っていたクレジットカードだけでなく、他のカード会社でも新しいカードが作れなくなるので注意しましょう。

クレジットカードの現金化で使用停止を回避する方法

しかし、クレジットカードの現金化は、生活をするうえで必要な行為だと思っている人もいます。
カードの使用停止を回避するには自分で上手く現金化をするか、業者に依頼をして現金化をしていることをバレにくくしなければなりません。
自分で現金化をする場合はブランド物や金券、新幹線の回数券といった換金率の高いものは購入しないようにしましょう。
こういった商品は現金化をする人が多いため、カード会社も目を光らせて監視しています。
換金率が高いものは売買する可能性が高いので、購入した後はどうするかを追ったり、次にクレジットカードで何を買うのかをチェックされたりします。
普通の買い物でもブランド物をクレジットカードで購入する人も多いので、一概にブランド物を1点買ったからといって現金化がバレることはありませんが、ブランド物を買う頻度が高くなると現金化がバレる可能性が高くなるので注意しましょう。

現金化は業者に依頼をするのが安全

クレジットカードを現金化する場合は換金率を高めるために、高く売れるものを購入するためカード会社にバレやすくなります。
しかし、業者に依頼をすればブランド物でなくても換金率が高いものを探してくれるため、カード会社にバレる可能性が低くなり、リスクを軽減させながら上手く現金化をしてくれるので、安心して利用できるという理由から業者に依頼をする人が増えています。

クレジットカードの現金化を自分で行う場合の注意点は、同じ商品を複数購入しないこと、頻繁に現金化をしないこと、換金率が高いものばかりを購入しないなどに注意しましょう。
業者に依頼をする場合は換金率も大事ですが安全なところを選んで、現金化のリスクを軽減させられるように注意しましょう。
こういったことに注意すれば現金化がカード会社にバレる心配がなく、規約違反になりカードの使用停止になるリスクを抑えられ、安全に現金を手に入れられると思います。