リスクと対策

HOME » リスクと対策

リスクと対策

クレジットカードの現金化に対する注意点

クレジットカードの現金化は法律に反することではないのですが、カードを作ってもらうときに了承した項目に換金目的での使用不可とされているため、ルールに反してしまう行為です。
基本的には遊ぶお金が足りなくなった、生活でお金が足りないから利用するという人が多いですが、どうしても現金化をしないと首が回らなくなるときに利用したほうがいいと思います。
≫ 『クレジットカードの現金化に対する注意点』

クレジットカードの現金化をバレないようにしたいなら業者に依頼

クレジットカードの現金化をカード会社にバレないように行うには、自分で上手く行う場合と業者に依頼をする方法があります。
しかし、現金化をしようとしている人の中には、自分で上手くできないかもしれないということで業者に依頼をしようと考える人もたくさんいます。
ですが、業者に依頼をするときもどんなところでもいいというわけではないので、業者の選び方について見ていきたいと思います。
≫ 『クレジットカードの現金化をバレないようにしたいなら業者に依頼』

クレジットカードの現金化を自分で行うときの賢い方法

クレジットカードの現金化はリスクを抱えてしまう可能性が高いのですが、上手くやれば自分でも安全に現金化が出来ちゃいます。
自分で現金化をする場合は、購入する商品や転売する場所についても考えなければらないため、面倒な手間がかかってしまうのですが手数料がかかることもないので安心ですよ。
≫ 『クレジットカードの現金化を自分で行うときの賢い方法』

クレジットカードの現金化がバレないようにする対策

クレジットカードの現金化は違法ではないものの、利用規約に反してしまうのでやってはいけない行為です。
しかし、中には生活をしていくために現金が必要で、やむを得なく現金化をしているという人もいるでしょう。
こういった事情を抱えている人はダメだと分かっていても、生活に必要なことなので現金化がやめられないと答える人もいます。
では、カード会社にバレないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。
≫ 『クレジットカードの現金化がバレないようにする対策』

現金化が原因でクレジットカード使用停止になると新しいカードが作れなくなる!

クレジットカードの現金化がカード会社にバレてしまうと、クレジットカード使用停止になるだけでなく、強制解約となり新しいカードが作れなくなるケースもあります。
クレジットカードの現金化をするときはこういったリスクを考えたうえで、上手くバレないように現金化をしましょう。
≫ 『現金化が原因でクレジットカード使用停止になると新しいカードが作れなくなる!』

クレジットカードの現金化は規約違反!利用料を1活返済で求められることも!

クレジットカードの現金化は業者が行っていることもあり、法律に反することではないことが分かると思います。
しかし、クレジットカードの現金化は利用規約に反してしまうため、規約違反として罰則が与えられます。
規約違反となると利用料を一括で返済しないといけなくなることもあるので注意しましょう。
≫ 『クレジットカードの現金化は規約違反!利用料を1活返済で求められることも!』

クレジットカードの現金化は自己破産が出来ないってホント?

借りたものは返すという世の中のルールに対して、借金に関しては自己破産という手段で借りたものを返さなくてもいいというシステムがあります。
しかし、これが対応してもらえるのは消費者金融から借金をしている場合で、クレジットカードの現金化は含まれていないってご存知ですか。
そこで、クレジットカードの現金化が自己破産に含まれない理由についてご紹介をしていきます。
≫ 『クレジットカードの現金化は自己破産が出来ないってホント?』

クレジットカードの現金化がバレると使用停止や強制解約の罰則

持っているクレジットカードが急に使用できなくなったときは、カード会社に現金化がバレてカードが使用停止になったと考えられます。
クレジットカードはもともと換金目的で使用してはならないとされていて、これを違反してしまった場合はカードの使用停止や他にも罰則を背負ってしまう恐れもあるので注意しましょう。
≫ 『クレジットカードの現金化がバレると使用停止や強制解約の罰則』

クレジットカードの現金化は利用規約に違反する

持っているクレジットカードを使って現金化をする場合、カード会社との利用規約に反してしまいます。
利用規約とはカード会社と利用者の間で取り決められた約束で、基本的にクレジットカードを作成してもらうときは、この規約に同意したとみなされてしまいます。
そこで、クレジットカードの利用規約について見ていきたいと思います。
≫ 『クレジットカードの現金化は利用規約に違反する』