クレジットカードの現金化がバレないようにする対策

HOME » リスクと対策 » クレジットカードの現金化がバレないようにする対策

クレジットカードの現金化がバレないようにする対策

クレジットカードの現金化は違法ではないものの、利用規約に反してしまうのでやってはいけない行為です。
しかし、中には生活をしていくために現金が必要で、やむを得なく現金化をしているという人もいるでしょう。
こういった事情を抱えている人はダメだと分かっていても、生活に必要なことなので現金化がやめられないと答える人もいます。
では、カード会社にバレないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

・クレジットカードの現金化で使用停止を回避する方法
クレジットカードの現金化による罰則にはカードの使用停止、強制解約、一括返済などがありこれらのリスクを対策できないか考える人もいます。
もともとクレジットカードの現金化がバレるのは高額なブランド物を頻繁に購入している、換金率が高い商品ばかりを購入しているということで目をつけられることが多いです。
たった数回程度で現金化がバレる可能性は低いですが、ないとは言い切れないのでバレないような方法で現金化をしたほうがいいでしょう。

・換金率が高い商品を買った後は換金率の悪い商品を購入する
現金化がバレるのは換金率の高い商品ばかりを購入してしまうからです。
換金率が高いと言われているものはブランド物や金券、新幹線の回数券などでこういった商品を買う人はカード会社も特に目を光らせます。
こういった商品を買っている人は転売をする可能性もあるため、クレジットカードの情報を確認し以前どんな商品を購入しているかもチェックするケースもあります。

このようにカード会社は毎日たくさんの取引情報がある中で、換金率の高いものに関しては厳しくチェックしています。
なので、換金率が高い商品を購入して現金化をした後は、換金率が比較的よくないものを購入して上手く現金化がバレないようにするのがおすすめです。
こういった対策を取れば第三者から見て、現金化をしていることがバレにくくなるので、カードの利用停止や強制解約などのリスクを負う可能性が低くなります。