クレジットカードの現金化がバレると使用停止や強制解約の罰則

HOME » リスクと対策 » クレジットカードの現金化がバレると使用停止や強制解約の罰則

クレジットカードの現金化がバレると使用停止や強制解約の罰則

持っているクレジットカードが急に使用できなくなったときは、カード会社に現金化がバレてカードが使用停止になったと考えられます。
クレジットカードはもともと換金目的で使用してはならないとされていて、これを違反してしまった場合はカードの使用停止や他にも罰則を背負ってしまう恐れもあるので注意しましょう。

・使用停止になる期間はどのくらい?
クレジットカードを利用停止に出来るのは不正利用で第三者に勝手に使用されるのを防ぐためですが、使用停止となるのは利用規約に反した場合になります。
クレジットカードの会社によっては、再びカードが使えるようになるケースもあるみたいですが、再びカードが利用できるまでに時間がかかったり、カードの更新時期が来ても使用停止が続いてしまう場合もあります。
実際に使用停止となるのはカード会社が決めるので、どのくらい時間がかかるかはカード会社によって異なります。
また、再度利用できるようになったとしても、カード会社から連絡が来ることもないので気づいたらカードが使えるようになっていたという人もいます。

・カード会社によっては強制解約となる場合もある
クレジットカードのカード会社によっては、利用規約に対する考えが厳しいところもあります。
現金化を頻繁に行っていたわけではなくても、現金化していたことがバレた時点で強制解約となるケースもあります。
また、使用停止や強制解約だけでなく、罰則として罰金を払ったりしなくてはならない場合もあるようです。
使用停止や罰金などで済めば比較的軽いのですが、強制解約となるとかなり重たい罰則となり信用性がなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

クレジットカードの現金化にはリスクが付きまとうので、どうしても現金が必要だという場合以外はあまり利用しないようにすることをおすすめします。
出来るだけ現金化は利用しないようにして、リスクを負わないように気をつけましょう。