クレジットカードの現金化に対する注意点

HOME » リスクと対策 » クレジットカードの現金化に対する注意点

クレジットカードの現金化に対する注意点

クレジットカードの現金化は法律に反することではないのですが、カードを作ってもらうときに了承した項目に換金目的での使用不可とされているため、ルールに反してしまう行為です。
基本的には遊ぶお金が足りなくなった、生活でお金が足りないから利用するという人が多いですが、どうしても現金化をしないと首が回らなくなるときに利用したほうがいいと思います。

・現金化をするときの注意点
自分で現金化をする場合の注意点は、出来るだけ換金目的で商品を購入していると思われないように気をつけましょう。
同じ商品を複数購入したり、換金率が高いものだけを購入してしまうとバレる危険性が高くなります。
自分で現金化をするときはゲーム機やブランド物など1点ずつ購入したり、換金率の高いものを購入した後は換金率が低いものを購入して現金化をするのがおすすめです。
現金化をする頻度が高くなければ、こういった商品を購入しても目をつけられることがないので自分でも安心して現金化が出来るのではないかと考えられます。

・頻繁に現金化をすると返済が出来なくなる可能性も!
クレジットカードの現金化を利用している人は、購入しても翌月に返済できると軽く考えている人もたくさんいます。
しかし、給料の計算や返済の計算は毎月狂うことが多く、返済をしても生活が出来ないという状態に陥る人が多いです。
こういった人はクレジットカードの現金化がやめられなくなり、カードの利用額も増える一方になるので注意しましょう。
返済が出来ないかもしれないと感じた場合は現金化を一旦やめ生活レベルを落としてから、それでも現金化が必要なのかを考えるようにしましょう。

このように現金化を利用している人の中には、現金化を利用しすぎたことで負の連鎖に陥っている人もいます。
生活レベルが落ちたことで現金化をする必要がなくなれば、現金化をした後の返済に悩まされることもなくなり、スムーズに生活ができるようになるのではないかと考えられます。