クレジットカードの現金化は利用規約に違反する

HOME » リスクと対策 » クレジットカードの現金化は利用規約に違反する

クレジットカードの現金化は利用規約に違反する

持っているクレジットカードを使って現金化をする場合、カード会社との利用規約に反してしまいます。
利用規約とはカード会社と利用者の間で取り決められた約束で、基本的にクレジットカードを作成してもらうときは、この規約に同意したとみなされてしまいます。
そこで、クレジットカードの利用規約について見ていきたいと思います。

・クレジットカードの利用規約は最後まで読む
クレジットカードの利用規約は小さい文字で書かれているため、読むのが面倒になってしまいきちんと読んでいない人も多いと思います。
利用規約は契約するのに大切なことが書かれていて、禁止事項なども書かれています。
その中には現金化をすることを禁止することが書いてあり、現金化を禁止するという内容が記載されています。

・換金目的による使用は禁止!
おそらく、日本中のカード会社は同じような規則を設けているため、どのクレジットカードでもクレジットカードの現金化が禁止されています。
この利用規約がある以上、クレジットカードを使って現金化をすると違反となってしまうので注意しましょう。
もちろん、クレジットカードで現金化をすることは利用規約に反することですが、きちんとした手順で利用すれば法律に違反することはありません。
これにより、消費者金融でお金が借りられない、消費者金融を利用したくない人たちがクレジットカードを使って簡単に現金を手に入れる人がたくさんいます。
クレジットカードの現金化はカード会社にバレてしまうこともあるのですが、バレないように上手く現金を手に入れている人も多いとしてサラリーマンや主婦、学生などの人に幅広く活用されています。

クレジットカードの現金化は上手く行えば、カード会社に現金化をしていることがバレることはありません。
現金化は悪いことで、利用規約に反していることを知っていても現金化をする人は増えています。
利用規約の違反は法律に違反するものではありませんが、利用規約の違反としてリスクが伴うので注意しましょう。