クレジットカードの現金化は規約違反!利用料を1活返済で求められることも!

HOME » リスクと対策 » クレジットカードの現金化は規約違反!利用料を1活返済で求められることも!

クレジットカードの現金化は規約違反!利用料を1活返済で求められることも!

クレジットカードの現金化は業者が行っていることもあり、法律に反することではないことが分かると思います。
しかし、クレジットカードの現金化は利用規約に反してしまうため、規約違反として罰則が与えられます。
規約違反となると利用料を一括で返済しないといけなくなることもあるので注意しましょう。

・クレジットカードの現金化が違法にならないのは?
クレジットカードの使用はもともと現金化が目的で行っていない人でも売買を行うことがあります。
カード決済で購入したものでも、間違えて商品を買ってしまったという場合もあるため、線引きが難しいのが現状です。
このため、クレジットカードの現金化と一言で言っても、返済さえしてしまえば詐欺行為には当たらないため刑事事件に発展することはありません。
しかし、クレジットカードを作ってもらうときに交わした契約に書かれている、利用規約に反してしまうため規約違反となると罰則が与えられてしまいます。

・規約違反となると利用料を一括返済で求められることも!
クレジットカードの現金化がカード会社にバレてしまった場合は、バレるまでに使用していたカードの利用料を一括で返済してほしいと言われることもあります。
これは利用料に関係なく頻繁に現金化を利用していたり、かなり悪質だと思われる場合に一括返済になってしまう可能性が高いと思います。
例えば、現金化がバレて過去にカードの使用が停止になり、再度カードの利用ができるようになってから再び現金化をしたという場合は罰則が厳しくなり、こういった罰則となる可能性もあるので注意しましょう。

一般的にはカードの利用停止や利用解除となる可能性が高いのですが、同じカード会社で複数回クレジットカードの現金化がバレてしまうと罰則が厳しくなっていきます。
どうしても現金が必要になってしまった場合は現金化をしても仕方ないのですが、普段からあまり現金化をしないように心がけ、現金化をするにしてもバレないような方法で現金を手に入れるようにしましょう。